24

サーバント・リーダーシップで
ゼロからイチを生む

PROFILE

三菱UFJ信託銀行

資産運用部

シニアファンドマネージャー兼
シニアアナリスト

野崎 弘明

香川生まれの愛知育ち。どんな時代でも必要とされる会社に就職しようと考えた末、三菱UFJ信託銀行に入社。虎ノ門支店に配属された後、リテール営業、企業年金担当とキャリアを重ねる。現在注力するのはゼロからイチを生む力を最大化する組織マネジメントのあり方。投資アイデアが競争優位性に直結する業界において、自律的に動けるチームで勝負をかける。

人と違う土俵で勝負する

企業調査アナリストとして9年のキャリアを重ねた野崎氏。入社後2年間、リテール営業を経験した後、現在は国内株式のファンドマネージャーをしている。

小学生時代は太っていて走るのも遅く、いじめられやすかった。そのせいか、人と違うところで目立とうという意識が養われた。運動では勝てない、それなら図書館で誰よりも本を読んでやろうと。人の真似はせず、常にゼロからイチ、新しいことを生みだすことを自分に課してきた。

「そんな私にとって、アイデアをどんどん形にできるこの会社は理想の環境でした。たとえば、入社して間もなく支店独自の会員制サービスを提案したことがあります。いまでこそ顧客満足度と顧客ロイヤルティの向上を通して売上・利益の拡大をはかる CRM(Customer Relationship Management)の走りといえますが、当時は銀行として顧客の平等性を重視する風潮がありました。これだけの規模の組織ですから、ルールを前に私の提案なんて一蹴されても不思議ではありません。ところが支店長が取締役だったこともあり、「それやろう!」と即決。好評を博し、全店対象のサービスに発展しました。それを目の当たりにし、提案次第でどんなことでも実現できるのではないかと思いました」

野崎氏によれば、信託銀行は新しい商品の開発力が競争優位性になるという。ひとつの信託銀行が商品を開発すると、競合他社も追随してくる。厳しい規則を満たしつつ受託者の立場で新商品を開発しつづけてきた三菱UFJ信託銀行だからこそできることが多いという。これまで鍛えてきた新しいものを生みだす力を、この環境で大いに発揮したいと語るのだ。

自律的に奉仕し合うチームを
つくる

年次があがり、後輩を育成する機会も増えた現在、野崎氏が考える理想のリーダー像を尋ねた。というのも、信託銀行は、信託業務と銀行業務だけでなく、不動産や証券代行と幅広い事業分野を持つ。それぞれが中小企業に匹敵するほどの個性があり、組織のあり方やマネジメントスタイルも多様だ。さらに三菱UFJ信託銀行の場合は、人材育成でも個人のスタイルを尊重され、研修プログラムも自分の希望で選ぶことができる。社内にロールモデルがなければ、社外から学ぶことも可能だ。

「私はいま、課長を補佐しつつ、部下の育成も求められる立場です。そして働き方としては、Fiduciary Duty(FD)が求められます。Fiduciaryとは相手方から信頼を託され、その相手方のために専門性の高いサービスを提供する人をいいます。FDを満たすには人間性と専門性を高め、お客様の最善のために行動することが重要です。そのためには、個人的にボトムアップのマネジメントスタイルが適合するのではないかと考えていました。自分の中でカチッとはまる型を求めていろいろな本を読んだ結果、ボトムアップスタイルのサーバント・リーダーシップという手法に惹かれ、社外の勉強会にも参加しています。変化の激しいなかでは、自分一人のアイデアだけでなく、ボトムアップで様々なアイデアが溢れたほうが、先んじた行動がとれると考えます。時間がかかってもいいから、お互いに自律的に奉仕し合うチームをつくりたい。課員から『野崎さん、こんなアイデアが面白いですよ』と言ってもらえたら、これほど嬉しいことはありませんね。物静かに支援し、自律的な行動を促す。そんなマネジメントを目指しています」

人を育てるためには任せるしかないと野崎氏。ゴールだけを明確に指し示し、あとは任せる。手を出したい気持ちを抑えて、それぞれが好きなように考え、行動するのに任す。当然、期待を裏切られることはあるだろう。しかし、自分では想像もしていなかったような発想に驚かされることもあるはずだ。組織のポテンシャルが最大化する仕掛けをつくることが、野崎氏の目指すところである。

この会社にしかできないことを

うちにしかできないことを、やっていかなければと野崎氏は語る。ゼロからイチの投資アイデアを生むために、常にアンテナを立てている。情報収集は網羅的に。新聞各紙、業界紙もいくつか。雑誌、専門書に目を通し、ネット上の論文や証券会社からのレポートなどもチェックする。なかなか時間を確保できず、専門書を週に1冊しか読めていないことが悩みのタネだ。

事業法人に足を運んで取材をすることも重要だ。担当しているサービスセクターと小売セクターの動向をウォッチし、投資判断を行う。

ユニークなのは、チラシが大事な情報源ということ。たとえば缶ビールをいくらで売っているのか。一見、些細に思えることが投資判断におけるヒントとなる。現場感覚を研ぎ澄まし、調査対象との対話に活かすのだ。

一方で組織に対して心がけていることは、自分の知識は出し惜しみをしないこと。些細な情報でも、聞く人によっては新たなアイデアを生み出す。

「資産運用の世界では、毎年新たなテーマが取り上げられます。より事業法人との対話が求められ、ESGをはじめとする非財務情報の重要性が高まっています。AIやビッグデータといったテクノロジーも進化しています。そのような変化が激しい中では、株式と債券、国内と海外、アクティブとパッシブといった対極的な運用戦略の中でも情報を交換することで、何か新しいアイデアが生まれてくると思うのです。自分あてに問い合わせが来た時には全力で答え、相手の中に何かが生まれることを狙っています。」

サーバント・リーダーシップでFiduciary Dutyを具現化し、新しいもの、この会社にしかできないものを生みだす。それが、人とは違う目立ち方を貫いてきた野崎氏の現在の戦略である。